アフィリエイトネタ帳

アフィリエイに役立つ情報 by 獅子座

*

手動ならぬ足踏み洗濯機DRUMIがエコでかっこいい件

   

 

ポータブル洗濯機DRUMI

カナダ生まれのポータブル洗濯機DRUMI

水さえあればどこでも使える スタイリッシュなポータブル洗濯機DRUMI | GIGAMEN ギガメンという記事気になります。

  • 電気一切不要!
  • 使用水量わずか10リットル
  • 5分とスピーディーな洗濯時間
  • 場所をとらない省スペース
  • 洗剤使用量80%節約で財布にも環境にも優しい

いいことずくめです。

昭和の時代、テレビ通販でアメリカの手動洗濯機が紹介されていてものすごく欲しかったものです。

今はだいぶ安くなり買いやすくなっています↓

たまたまなのか、いまは在庫切り。

買おうかなっていうときに限って市場から消えるワンダーウォッシュとは縁が薄いようです。

売り始めた昭和のころは1万円超えていました。

 

お湯と洗剤を入れてくるくるとハンドルを回すと圧力がかかって電気洗濯機よりきれいに仕上がるという触れ込み。

電気もいらないし場所も取らず音も静か(手で球形のタンクをくるくると回すだけですから)

アパート暮らしで狭かったし、始発終電な生活だったので音と振動が切実な問題でした。

 

欲しかったけれど買えなかったのが洗濯するだけ。

すすぎができない。

脱水ができない。

なんじゃ、それ?

 

必要なら電気洗濯機使いなさいってちょっと待ってください。

しかたなく、ほしいけどやめました。

 

紹介されていたDRUMIという洗濯機は値段は1万円超えてしまう代わりに、脱水もすすぎもできる👍

これ、いいじゃないですか。

 

わずか5分で洗濯からすすぎ、脱水まで完了って時短に最適です。

時間なんていくらあっても足りませんが、増やせません。

時間は増やせないけれど必要な作業の時間を短くしたり並行処理できるようになれば、実質時間が生まれます。

ネットでの作業って細かな時間でも有効活用しやすいので、ひとつひとつのやらなければいけない日常作業の時短できるのってとてもありがたいものです。

 

方式はワンダーウォッシュに似ています。

タンクに少量のお湯ならぬ水と洗剤を入れます。

主導の代わりに足踏みしてなかの籠のようなものを回します。

その中に入った洗濯物がぐるぐると書きわされてその力で汚れが落ちる。

 

昭和初期の足踏みミシンなんて、NHK朝ドラで見たことがあるくらいだと思いますが、あんな感じで足で踏むだけってエコでいいです。省エネって大切です。

停電していても洗濯できる、しかも水はわずかで済むってことは非常災害用としても活躍してくれそうです。

梅雨も後半になるとゲリラ号が始まり災害が起きやすくなります。

 

夏には毎年、渇水騒ぎが日本のどこかで起きています。

そんなときでも、無理なく洗濯できるのって助かります。

 

DRUMIは、まだカナダとアメリカ限定の販売だそうですが並行輸入などで入ってくるのが待ち遠しい。

一人暮らしだと2キロも一回の洗濯物ないので十分な容量なのもうれしいです。

 

ワンダーウォッシュ買わなかったもう一つの理由はアメリカ人は熱湯で洗濯します。

だから衣類は熱湯かけても平気なつくりになっています。

日本で洗濯といえば水道水のままです。

衣類ものそれに合わせて熱湯対応していません。

 

アメリカの洗濯機に日本の衣類突っ込んで洗うと縮んでピッチピチになったり、だらーと伸びてしまって着られなくなるなんて悲しい体験します。それもワンダーウォッシュ買わなかった理由の一つです。

DRUMIは水でいいらしいので、やけどの心配もないし、衣類が縮んだり伸びたりする恐れがないのも日本人の生活習慣にあっています。

ワンダーウォッシュ【HBWサプリメント】

ワンダーウォッシュ売ってないのかなと思って検索したら、洗濯機の方ではなくて洗剤がみつかりました。

洗剤の方が、洗濯機のワンダーウォッシュより実用的かな。

 - 新製品 , , ,