アフィリエイトネタ帳

アフィリエイに役立つ情報 by 獅子座

*

AdSense取得にWordPressが必要っぽい

   

無料ブログで簡単に取得できたAdSenseアカウント。

徐々に審査が厳しくなってコンテンツの充実度なども評価されるようになりました。

そして、どうやら無料ブログでは新規アカウント取得が難しくなってきたようです。

 

自分では取得済みなので確認できません。

事例として知り合いから聞いた内容です。

すでに運用している独自ドメインを持っている(会社のドメイン)。

ドメイン直下にblogというホルダーを切って(ディレクトリを作成して)CMSをインストール。

ブログ運用開始しました。

 

サブドメインやサブディレクトリーではAdSense申請できないみたい

そのブログでAdSenseアカウント取得申請しようとしたところ申請画面で

URL にはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

という表示が出て先に勧めなかったそうです。

ドメイントップに設置しないといけないようです。

こうなると無料ブログサービスが特別扱いしてもらえないと、サブドメインかサブディレクトリ(パス)使用するのが一般的なのでAdSense取得申請に使えなくなってしまいます。

 

無料ブログサービスでも独自ドメイン利用可能なものが増えています。

独自ドメインを設定すれば申請できそうですが、無料ブログサービス使うメリットが無くなりデメリットが目立ってしまいます。

 

無料ブログサービスのメリット

  • 無料で運営できる
  • 長年大量に使われているドメインなので検索エンジンに強い
  • アクセスを呼び込みやすい

無料ブログサービスのデメリット

  • サービス運営者の基準に左右される
  • 継続性の保証がない
  • 突然のアカウント凍結・削除、サービス停止の危険がつきまとう
  • 自分が思うような運用が難しい(特に広告掲載)

 

対策

独自ドメインを取得しレンタルサーバーを契約しドメイントップでブログを運用する。

 

安易な習得をする人を排除したいなど、何かしら運営上の必要性から出た制約なのでしょう。

公式にそうした変更を見た記憶はないのですが、実際に日本で運用されている企業サイトでサブドメインにWordPress入れて運用したブログで取得できなかったそうです。

この型の場合、なぜドメイントップのURLで申請しなかったのかはとても謎です。

公式なブログならトップからリンク貼っておけば見てもらえますし、トップページURLで申請すればいいのです。

また、トップページからリンク貼れないようなものであれば、そもそも企業のドメインで運用してはいけません。

ドメインの運用の仕方、考え方そのものに問題があるので適切な例ではありませんが、申請拒否画面が気になりました。

 - google, アフィリエイト, サービス