アフィリエイトネタ帳

アフィリエイに役立つ情報 by 獅子座

*

エイベックスのJASRAC離脱に喝采ばかり送っている場合ではありません|ブログ・サイト・動画作成者

   

JASRACについてカスラッ○などと軽口を叩く人が大勢いることからも嫌われっ子ぶりは昔から有名です。

JASRACは古賀政男さんという作曲家の大御所がはじめた著作権管理団体で、もともとは作曲作詞者の権利を守り利益を正当に得るための業界団体を目指していたのだろうと想像します。

目的を達成するには音楽関係の著作権全般をできるだけ網羅し、利用したい人はJASRACと契約する以外ないという状態が効果的です。

かなり早い段階でその目的達成のための手段は達成されました。

 

その後、強引すぎると感じられる権利行使がいろいろな場面で問題ではないかと批判の的になってきました。

 

そうしたなか、日本の音楽シーンで非常に大きなウィトを占めるエイベックスが従来はJASRACに委託してきた著作権管理業務を別の著作権管理機構に委託変えるという報道があり、来年早々を目標としているとの噂もあります。

これに、ネットでもザマァ的な記事が目立ちます。

さぞ、鬱憤溜まっていたのでしょう。

 

ところで、喜んでばかりいられない人がそうしたことを書いている人の中に大勢いらっしゃいます。

ブログを書いたりサイトを作ったり、動画を公開したり何かしらネット上で情報発信している人全般について言えることです。

 

著作権は勝手に使用することのできない権利です

誰かが作曲した曲をかってに口ずさんだり演奏したりすることもできません。

詩の一節をあつかう場合も、よほど正しい引用の仕方をしていなければ著作権侵害になります。

 

ニコニコやYouTube、Seesaaブログなど大手サービスの多くはJASRACと包括契約を締結しています。

テレビ局に習ったものです。

 

本来は利用前に申請し許諾を受け、使用後には継続的に試用を中止するまで著作権利用料を払い続けなくてはなりません。

ところが、包括契約を結んだサービスのほとんどは、利用者に変わりその費用をJASRAC経由で支払っています。

許諾も一括で受けています。

 

そのため、歌ってみようが踊ってみようが、演奏しようが、BGMに使用させてもらうが申請も要らなければ、毎月の使用実績の申告もしないし、著作権利用料の支払いもしてきませんでした。

 

エイベックスがJASRACへの委託をやめるとどうなるでしょう

エイベックスの楽曲に関してはJASRACと無関係になります。

委託が終了すると同時に、それ以降の利用にはあらたに使用許諾の申請とその許可を受け、利用実績を毎月報告し、著作権利用料を支払うことになります

 

ほとんどの人がこの事に気づかないまま、JASRACザマァと溜飲下げて喝采を上げていらっしゃるようです

本来なら自分が過去作ったコンテンツの中にJASRACと包括契約しているから著作権の問題から一時的に自由になっていただけのものがどれだけあるのかを、全力でリストアップしなければならない時期なんです。

そして、リストを元に許諾申請の準備をするか、コンテンツの変更や公開停止の準備をすすめることになります。

 

ネットを見ていてもそうしたことを着手している人を見かけることがなく、かってにハラハラ・ドキドキしています。

ことに動画系は怖いですね。

修正のしようもまいものが大半ですから個別申請ということにでもなったら大変な労力とコストです。

 

TPP大筋合意でも著作権関連は大きく影響受けます。

これから数年間は著作権からみの動向用注目&対処が必要になります。

 - サービス, ネタ , ,